自分に合ったクレンジング料を見つけるのは大変でした。

私はお肌がかなり敏感であり、市販の化粧品のほとんどが適していません。

化粧品を適当に選んでしまうと、種類によっては皮膚科を受診しなければいけないくらいお肌に刺激を受けてしまうこともあります。

そのようなことから化粧品選びはとても慎重になっているのですが、特に選ぶのに苦労したのがクレンジング料です。

クレンジング料はメイクをしている以上は使用することが必須になってくるのですが、メイクを落とす以上ある程度お肌を刺激してしまうことから特にトラブルを起こしやすかったのです。

クレンジング料はお店に行くとトータルで100種類以上もの商品が販売されており、一体どのメーカーのクレンジング料が自分にとって問題なく使用できるのかわからずに悩んでしまうものです。

これまでに十数種類のクレンジング料を使用してきましたが、使用して最初からお肌に違和感を感じるものと最初は特に問題なく使用できていたのに途中で突然お肌に刺激を感じるようになって使えなくなったというケースがありました。

一応新たなクレンジング料を探すときにはインターネット上で全成分や口コミなどを調べた上で選ぶようにしているのですが、中にはメーカー自体がそれほど有名でないことから口コミが全くないようなクレンジング料もあります。

そのような商品の中には私のような敏感肌に適しているのではないかと思われるものもあるのですが、情報の少なさから簡単に購入して使用するという気持ちにはなれないものです。

つい最近もテレビや雑誌の広告では全く見かけたことのないメーカーのクレンジング料が気になってしまって口コミがないかどうかを調べてみたのですが、数件しか見つけられなかった上に評価があまりにもよすぎたことからいわゆるサクラによる口コミではないかと思って、怪しく感じました。

値段も1500円程度と私が今まで使用してきたクレンジング料の中では高い方でしたが、それまでに複数のクレンジング料を使っては合わないということを繰り返していたことから1度だけでも試してみようと思いました。

実際試してみると使用した後にお肌が荒れることもなく、また乾燥することもなかったので珍しく使えるクレンジング料に出会えたかもしれないと思うようになり、継続して使用することにしました。

現在トータルで4本ほど使用してきましたが、これまでに使用していてトラブルもないことから今後も継続して使いたいと思っています。このクレンジング料にたどり着くまでにかなりの時間と費用を費やしましたが、最終的には適したものを見つけられてよかったと思いました。

>>30代女性の味方!人気メイク落としランキングはこちら

話題になったコンブチャ

コンブチャというのは、日本の昆布茶と勘違いしやすい名前なのですが、日本で言う昆布茶の事ではありません。紅茶きのこのことです。

しかし紅茶きのこと名前はついていますが、きのこが入っているわけではなく、紅茶か緑茶に砂糖を入れて、そこへ酢酸菌を入れ発酵したものになります。

この入れる酢酸菌がセルロースのゲル状で、形がきのこのようにみえることから紅茶キノコとネーミングされたようです。この紅茶キノコ=コンブチャは海外のセレブで人気が出て、以前に日本でもブームになったのですが、また再ブームの兆しが出てきたようです。

このコンブチャの効能というのは、酢酸、酵素、ポリフェノール、ビタミンが入っているので、様々な効果があります。胃の働きを活発にして消化を助ける効能だったり、血流をよくして冷え性の改善、血管を膨張して高血圧の予防、便秘の解消や、腸の状態をよくすること。

様々な効果が期待できます。女性にはとっても嬉しい効果ばかりですね。

またコンブチャは発酵食品なので、デトックス効果が抜群なのです。腸内環境を整えて内側から美肌効果を得られるので、注目の飲料になります。以前日本でブームが下火になってしまった原因というのは、このコンブチャを飲んで体調が崩れてしまったという意見が出たからです。

発酵食品ということもあり、自家製で作ってみようとした方たちが自分で作ってみて、そこで発酵している間に、カビとかが一緒に入ってしまって、体調を崩してしまったということもあったみたいです。

市販のものに関してはそういった報告は未だに上がっていないようです。発酵食品は自宅で作る方も増えてきてはいますが、きちんと衛生面で管理された場所で作ることをおすすめします。また再ブームのきざしのコンブチャ、注目ですね。

>>ダイエット効果もあるコンブチャの真相は?